2005年11月22日

2×9=?

わたくしぼっくすはここ亜熱帯の広東省におりながら
ひとりで寒い寒いといっております。
風邪は治ったはず。
そういえばこの頃やけに眠いし・・・・

( ̄◇ ̄;)ハッ! もしや冬眠準備?

熊は冬眠の前に栄養を蓄えておくそうですが、
食べて食べて食べまくり
その挙句・・・・( ▼ |||)
        わたくし それだけは避けたいものです。


というわけで今日のテーマは

  
     ブ タ

大学時代非常に太っていた私は
名前を文字って○ブタと呼ばれておりました。
それも父にですが・・・・(T▽T;)



いや、今日はそういう話題ではなくてですねぇ、

「豚」のことを中国語では「猪」と書きます。

こちらの中華料理店で食事をされた方はご存知かと思いますが、
中華料理のメニューには

「猪」の字を殆ど見かけない

なぜか?
それはですねえ。
   肉=豚肉
               だからでございます。

一方日本では
肉じゃがといえば牛肉
焼肉と言っても牛肉
肉うどんもやっぱり牛肉
    贅肉といえばあなたのお腹   
           v(ー ー*)ーc<|||▽ )イテテ・・・

というように日本では
   肉=牛肉
                の式が成り立つんですけどね。

ちょっとこちらの写真をどうぞ
      DSC00429.JPG

近所のスーパーにある生肉コーナーですが
グリーンの枠を除いて写っている限りすべて豚肉

生肉の比率で言うと
豚  鶏  牛  犬・羊  他の鳥
7  2  0.1  0.4  0.5


日本では先ず売られていない

豚肺・豚膵臓・豚喉 などもありまして
豚一頭をたいへん無駄なく食しているようです。

(-_-;)ウーム どうやって食べるんでしょうか。

あ、豚の脳ミソもありますよ。
天ぷらにすると白子みたい。どなたか試してみます?

そんな豚肉大好きの漢民族ですから
いろんな豚肉製品があります。

DSC00437.JPG DSC00433.JPG

左は「臘腸」中国サラミ      右は「臘肉」干しバラ肉

甘かったり白酒(パイチュウ)のニオイがしたりして
この味はどうも苦手です。


上の写真は家庭用ですが、贈答用に箱詰めされたものも
春節前になるとかなり出回ります。

そうそう、お土産にこんなのはいかがでしょう?

























DSC00428.JPG


今日もよろしくお願いします。  目指せ11〜25位枠!
人気blogランキングへ
posted by ぼっくす at 22:41| Comment(19) | TrackBack(0) | 怪しい食べ物探検隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。