2005年10月28日

幸せのカタチ

前回は皆さんからお見舞い、励ましのお言葉を頂き

言身寸 言身寸>( ̄Д ̄人

おかげさまで今回の風邪は2日間であっさりと治ってしまったようです。
おかしいぞ、と思った直後に飲んだ漢方茶が効いたみたい。

お騒がせいたしました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて、今日は久しぶりに午後をゆっくりと過ごすことができました。
例の救世所カフェで友人とランチ。
その店から出ようとしたときです。

窓の外に見えたのは


ごみ収集のオジサン
そしてその収集車(手押し車ですよ)の中に・・・







DSC00350.JPG 子犬! ですよ

        ウソ〜(w゜□゜)w


チョット〜犬が捨てられてるよ〜という私の言葉に
友人もお店のオーナーさんも戸口に集まってきました。

私たちがゴミ車を指差して話しているのに気が付いたオジサン

   (?_?) 何?

という表情でこちらを見返しています。


「そ、その犬捨てられてたんですか。」
                      と聞いたところ


「いや、こりゃオレの犬だ

( ̄△ ̄;)え゙っ...

自分のペットである犬を
       ゴミ車に入れるかぁ?!



裸足のオジサンはワンコの首をつかみ私たちに顔を見せてくれ、
そばのゴミを入れ終わると
ワンコの入ったその車を押して路地の奥へと消えていきました。


DSC00351.JPG



私は少し反感すら抱いておりましたが

そんな時、2匹のワンコの飼い主でもある店のご主人が
 ( ̄。 ̄ )ボソ...とつぶやきました。


ある意味、幸せかもな・・・。


( ̄□ ̄;)ハッ!

    ( ̄へ ̄)ウーン
       ・
       ・
       ・
       ・
   そうかもしれません。

仕事中家で寂しくご主人様の帰りを待つよりは
汚くてもご主人様と一緒にいられるし、
外の世界だって見る事ができる。


このほうがワンコにとっては幸せなのかも。




      あなたがワンコならどっちがしあわせ?



何かを感じたらポチッとお願いします。
人気blogランキングへ

posted by ぼっくす at 19:10| Comment(20) | TrackBack(0) | これが中国か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風邪が治ってよかったですね。これでこの冬の免疫ができましたね♪

さてさて、もしも私がワンコなら・・

ゴミと一緒でもいいから飼い主がそばに居るほうがウレシイと思うかな・・

昔、私の親戚が飼っていた犬、水も食料も散歩も欠かされることは無かったけど、飼い主が独身で多忙だったからスキンシップがあまりなかったんですよね。帰宅すると傍から一歩も離れないほど飼い主に恋焦がれていたのですが、ある日、寿命というにはあまりに短い生涯を終えました。

かわいそうだったなあ。

この親戚はそれ以降、動物を飼っていません。あれが、犬ではなく、猫だったら状況はかなり変わっていたとは思います。

犬好きの人間と一匹の犬の悲しいお話を、ふと想起してしまいました。(今日はしんみりです)
Posted by パリス at 2005年10月28日 20:07
微妙っすね。一昔前に流行った「究極の選択」みたい。首ヒモをつけなくても、主人について行く犬もいると思うんですけど。

私がワンコだったら? ゴミ車に乗せてもらいます。歩くの、メンドクセエ……
Posted by コバ at 2005年10月29日 01:27
俺の犬だ、とおじさん言ってますが、本当に日本でいう「ペット」なんでしょうか…。
だといいのですが…。
(いや、うけ狙ってるんじゃなくって、マジコメです。)
Posted by sammi at 2005年10月29日 03:28
やっぱり 一緒にいたいですね
一人は寂しいですから・・・

でも 犬の気持ちはわかりませんね
一人で留守番して のんびりしたいよ・・・って思うかもしれませんね 
Posted by るな父 at 2005年10月29日 11:18
ワンコにきかないとわからないかモナー
(´∀`)
Posted by worldwalker at 2005年10月29日 13:57
犬君の気持ちは流石に分かりませんねぇ。
飼い主と一緒に居れるのは嬉しいかもしれないけど、
ゴミと一緒に入れられるのはどうなんだろうか?
人間よりも嗅覚の鋭い犬君、ゴミの臭いが辛いかも。笑
ところで、以前の工事現場の画像でも思ったのですが、
ぼっくすさんが住んでる街の様子がとても面白いです。
手押し車のおじさんと一緒に写ってる建物や看板、
道を歩いてる人の感じが凄く良いです。
Posted by モシュカ at 2005年10月30日 03:35
私が、もしゴミ車に乗せられていたワンコだったら。もちろん大変うれしいですよ。
頼れる人がいつでもそばにいるんですから。
Posted by おさる at 2005年10月30日 10:32
>パリスさん
この風邪が免疫だったらいいんですんが・・・。
親戚の方にとってはもちろん大切なワンコだったんでしょうが、ワンコとしては物質的に満たされるよりも、スキンシップがほしかったんでしょうね。
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:33
>コバさん
歩くのがめんどくさい、ですか。それ、わたくしと同じです。でも私に4本足があったらそんなに面倒ではないかも・・・・。
ん?そういう問題か?
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:35
>sammiさん
鋭い!
って事は中国だけに

・・・・・家畜?
(ー_ー‖)
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:38
>るな父さん
実際に犬を飼っているといろいろな発見があるのではないですか?懐いてきたり、見向きもしてくれなかったり、この子何考えてるんだろ?という事がありますよね。
でもやっぱりご主人様が大好きなんですよね。
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:43
>worldwalkerさん
自分がある日起きるとワンコだったら?

A:清潔だけど何もない、誰もいない部屋に一日。
B:ご主人様と一緒だけどゴミ車の中。
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:47
>モシュカさん
そうですか?この写真も私の住んでいるところも裏通りですからね。
私なんてこの汚い町と町を歩いているマナーの悪い人たちに辟易していますが・・・・。
ではまた町を撮った写真を載せますね。
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:51
>おさるさん
初めまして、コメントありがとうございます。
「頼れる」ご主人でないという場合も・・・。
それでもご主人様は絶対的存在なのでしょうかねえ。
Posted by ぼっくす at 2005年10月30日 11:54
カフカか(笑)
Posted by worldwalker at 2005年10月30日 14:01
また来ました。(笑)

上のコメントにもありましたが、私もぼっくすさんの住んでる地域の写真に眼が釘付けなんです。

歴史映画のセット?に見えてきちゃって、目くるめくドキドキ感におそわれます(爆)。いえ、冗談ではなく。
Posted by パリス at 2005年10月30日 21:25
犬より箒に目が行った僕って・・・orz

柄は竹?日本のものより幅広?だから編んでるのか?箒部分は?何コレ、藁?それじゃコシがないし、すぐへたるだろうし・・・葦?やっぱり藁かぁ?う〜ん。

どうだっていいよね・・・失礼しました。
Posted by ひるこ at 2005年10月30日 22:19
>パリスさん
映画のセットですか・・・
竹野内豊とかが衣装着てその「セット」の中を歩いてくれたりしたら私もドキドキ感におそわれるんですがねえ。
Posted by ぼっくす at 2005年10月31日 11:03
>worldwalkerさん

・・・・虫にはなりたくないです。
Posted by ぼっくす at 2005年10月31日 11:12
>ひるこさん
箒・・・ああ、アレは道路箒です。
手前の箒はかなり長めですよ。
日本の竹箒よりやや寝かせて持ち、面に対してほぼ平行に動かします。(普通のは面に対して垂直に動かしますよね)
それでゴミや落ち葉を拾っています。
日本人からするとあの箒は使いにくいですよ。
Posted by ぼっくす at 2005年10月31日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。